外科求人ランキング

外科医の60代向けの求人

国家資格の医師免許を持っている限りは生涯現役として働き続けることができます。現実に、60歳を超えても現役の医師として活躍している医師は大勢いますが、一般病院では定年制を敷いています。医療機関によっては年齢はバラバラですが、60歳から65歳と定めています。ただ、定年を迎えたら病院を退職しなければならない、というわけでもなく、嘱託や契約医師として働き続けているケースもあります。外科医の場合、60代になるとピークを過ぎていると見られることが多いです。知識や技量はスキルアップさせることはできても、体力を若いころのように維持することは難しくなります。外科医の60代向けの求人では、大病院や基幹病院でメスを握るチャンスは少なくなります。多くの病院では外科医のポストは50代で埋まってしまいます。管理職のポストは必要ないという条件をつけたとしても、残業、当直、報酬の面で条件があわないことが多いです。

外科医が60代を迎えて別の医療機関での再就職を希望している場合、働く条件の優先順位を明確にすることが大切です。現場でメスを握りたい、高い報酬、残業なし・当直なし、管理職になりたい、など外科医としてどのような働き方をしたいのかを決めておくことです。求人側は、経験値が高いこと、幅広い対応力があることに60代の外科医を採用する必要性を求めています。年齢的には落ち着いていることは必要ですが、フットワークの軽さ、決断力の早さ、年齢を感じさせない若々しさがあれば高いアピールポイントとなります。ポジティブな考え方ができることが面接では有利です。

ただ、外科医は年齢が高くなるほど外科医として働き続けることが難しくなりますので、医師として働き続けるには、内科へのキャリアチェンジも視野に入れておく必要があります。内科であれば、訪問診療、療養型病床、老人保健施設などの求人が非常に多くあります。特に訪問診療などの在宅医療の分野は求人が増加傾向にあります。在宅医療も昼夜を問わずにオンコールされることが多いので、外科医の経験がある医師に向いていると考えられています。そのため外科医から内科へのキャリアチェンジ組でも、体力が充実していて柔軟な対応力があれば、条件の良い職場を見つけるのは難しくありません。収入は、医療機関に転職した場合と比較すると、知識だけでなくフットワークの軽さも求められる訪問診療の方が1.5倍から2倍が相場となっています。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.