外科求人ランキング

外科医の適性(向き・不向き)

ひと口に医者と言っても選択する専門科目によって適性が異なります。例えば外科の中だけでも、脳、心臓、消化器を始めとして複数の専門科目があります。そのため脳神経のエキスパートだとしても、必ずしも整形外科のエキスパートになれる適性があるとは限りません。基本的に外科に必要とされる適性は、地味な作業をコツコツと続けられることと集中力が維持できるかという点にあります。外科医は医者の中の花形としてスポットを浴びることが多いですが、実際には数時間、時には十数時間の長丁場の手術に神経を集中させ、場合によっては臨機応変に対処する能力が必要です。しかも、常に命と背中合わせになっているため緊張の連続となります。このプレッシャーに耐えられる精神的・体力的なタフさを持っているか否かで向き・不向きが判断されます。細かい手技が多いので手先が器用であればなおよいのですが、丁寧に、素早く、的確ににできることも求められます。この他にも必要な資質があります。医術は技術とは異なるので、ただ手術のセンスが良く器用なだけでは、充分に患者の治療をすることはできません。

また、外科医は担当する専門分野によっても求められる適性が異なります。例えば乳がんなら、手術によって患部を完璧に取り除くだけでなく、乳房再建という問題もあります。やけどの手術においても治療手術後の皮膚組織の修復を求められます。体力の低下している高齢者の場合には、負担の少ない手術方法を検討することも大切です。教科書通りの治療がベストであると考えない、フレキシブルな対応ができることも適性のひとつです。患者を治療するに当たり、手術が妥当か、手術に耐えうる体力を保持しているか、患者の体力や疾患を考慮した結果ベストなのはどの術式かを的確に決断するには、蓄積した知識を知恵として活用できることが求められます。

加えて、頭脳明晰であることが向き・不向きの判断材料になります。知識を知恵として医療の現場で活かす頭の良さは、先天的なものもありますが、豊富な経験によっても培うことができます。もしかしたら、不向きなのかも、と迷うことがあっても、継続することが大切です。大学を卒業して研修医となってから定年まで、人によっては定年後も外科医として現役を続ける意欲を持っている医師は多いです。一通りの知識を習得したことで安心すること無く、医師としての生活を終えるまで、研鑽を続けられる人が理想です。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.