外科求人ランキング

外科医の救急の求人

救急車の出動率は高まっていますが、救急患者の受け入れを積極的に行っている病院は減少傾向にあります。その理由の一つが医師不足です。これは地方になるほど深刻で、緊急を要する患者の救命率の低下にも繋がることなので、求人を増やして対処しようとする動きがあります。外科医の救急の求人の中でも、特に多いのは一般外科です。次いで、整形、脳神経などの専門分野のエキスパートの需要が高まっています。求人は主に救急指定を受けている病院や、救命救急センターとなっていますが、地方で救急救命医がいない病院などでは、診療科の医師が持ち回りで対応していることもあるので、転職で救急医として入職していない場合にも、救急診療を受け持つ場合があります。そのため、救急の求人は首都圏ばかりでなく、地方の病院でも需要は高いです。ただ、同じ仕事をしたとしても、収入の水準は首都圏のほうが高い傾向にあります。

救急の患者を適切に治療するには救急救命医の資格があったほうが有利です。医師であれば取得は可能で、特に外科の知識と技量が求められるので、外科医であれば取得は難しくありません。救急の求人が特に多いのは救命センターで、そのほとんどが重篤な状態で運ばれてくるので、外科医としての腕の振るいどころであると同時に、緊迫した状況の連続でもあります。救急搬送される患者で多い症状は、外傷、やけど、脳血管障害、臓器不全などがあります。緊急処置で済む場合もありますが、その場で開腹、開頭、開胸手術をしなければならないこともあります。カンファレンスを行って準備万端で望む手術とは異なり、看護師やスタッフの数も揃わない中での救命処置が必要なので、確かな技術と知識を持っていることが必要とされます。応募する場合には、この現状に対して耐えられる精神の強さと、体力があることが求められます。常に生死に関わる患者を診なければならないことで、ベテランの医師でも長期間続けられずに退職するケースが多いため、求人は常にあるといえます。

そして、救急医療のシステム施設によって様々な違いがあります。全ての救急患者に対して初期治療を行うのはER型といいます。各診療科目の担当医が専門の治療をした後、初期の治療から入院してからの治療までを継続して行う各科相乗り型もあります。そして、もうひとつは、初期の治療はその時の担当医師に任せて、その後の入院入院治療のみを担当する集中治療型があります。応募するときにはどのような体制を採用しているのかを確認することも必要です。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.