外科求人ランキング

外科医の転職と休日

外科医に限らず医師を目指す場合、卒業した大学で卒業後に研修医として数年間勤務します。卒業して3年間は新人の医師として先輩医師について現場を体験します。3年目から6年目くらいまでは、後期研修期間となり、大学で習得した知識を現場で体験して診療スキルを一通り学習します。医学博士の称号が取得でき、専門医としての資格審査・専門医試験に臨むことができます。これらの審査・試験にパスしてやっと一人前の外科医として認められます。

その後、大学の医局で働いていれば、最新の医療機器や医療情報に接する機会も多いですし、経験豊富な医師のもとでスキルアップを目指すこともできます。他の医療機関と比べると教育環境が整っているので、自分から積極的にアクションを起こさなくても、次々と教育を受けるチャンスを享受できます。しかし、中には、基本的な教育を終えたことで、一人前に外科医として独り立ちしたいと考える人もいます。もうひとつ、前期研修期には月に4日、後期研修期には月に2日程度しか休日がなく、有給休暇ではないケースが多いのも理由です。このような点から、転職の最初のタイミングは後期研修期間を終えた時が多いです。

外科医として担当の患者を持つようになった場合、勤務する医療機関によって体制は異なりますが、休日はあってないようなものとなります。チーム制を導入している場合には、休日を確保しやすいですが、担当医制度をとっている場合には難しいです。特に、重篤な患者を抱えている場合には気を抜くことができませんし、自宅にいてもオンコールされることもあります。逆に、休みだからと割りきって患者を診ないような医師は、患者からだけでなく看護師やスタッフからの信頼も得られなくなります。休日が少ないから、有給休暇がないから転職するという外科医はさすがにに少ないですが、どうしても休日にこだわるのであれば、主治医とならないという選択肢もあります。病院によって休日のシステムは様々ですが、会社員並みの有給休暇や夏季・冬季の長期休暇の取得は現実的ではありません。救急指定病院であれば、基本的に365日開院しているので、スタッフは順番で休暇を取得することになり、どうしても時期はズレます。さらに、女性医師の場合には、結婚・出産によって退職をすることが多くなります。転職を考える場合には、休日が充実している病院を探す事が多いので、この点に考慮している医療機関も増えています。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.