外科求人ランキング

外科医が転職前に注意すること

病院経営の状況は年々悪化を続けており、医師の確保ができずに休止や閉鎖に追い込まれる診療科も増えています。 特に産婦人科と小児科が深刻です。 医師総数は増えていても、偏りが大きいことによりこのような事態を招いているのです。 病院運営にかかる費用は「人件費」「材料費」「経費および委託費」に分けられますが、これらを費用別に見ると、人件費が最も大きな赤字源です。 人件費の多くは医師と看護師です。医師一人当たりの1日の診療収入は、総数平均で33万円です。 診療科別で最も高収益な科目は循環器科(外科、内科)、2位が泌尿器科、3位が脳神経外科および整形外科です。 逆に低収益な診療科は1位、放射線科、2位ー歯科、3位ー皮膚科、4位ー形成外科、5位ー小児科となっています。 診療収入金額でいうと、高収益1位の循環器科では医師一人1日あたり約45万円、低収益の放射線科や歯科では10万円以下です。 この格差が大きな問題となっています。

そしてまた日本では外科に携わる医師の数が減少し続けているそうです。 産科、小児科、外科、これらの診療科目では、医師の数が不足していることが深刻な問題となっています。 勤務医などは過酷な労働のうえに、報酬も少なく、外科医のなり手が減少傾向にあるのも仕方がないとまで言われています。
日本外科学会の行ったアンケート調査によると、「外科医が考える外科志望者減少の理由」として、
・労働時間が長いから
・時間外労働勤務が多いから
・医療事故のリスクが高いから
・訴訟のリスクが高いから
・賃金が少ないから
という回答が多かったそうです。これは志望者減少の理由であると共に、現役外科医師の悩みともとれる回答だと思います。

外科医が転職前に注意すること

転職活動をする際には、上記のことを踏まえてみなさんの条件にぴったり合った職場を見つけていただきたいと思うのです。その為には転職支援サービスを賢く活用するのが効率の良い転職につながると思います。 転職支援サービスには以下の「メリット」と「デメリット」があります。参考にしながら上手に利用してみてはいかがでしょうか。

−メリット−

経験豊富な専任のキャリアコンサルタントがあなたのキャリア、希望する勤務地域、待遇に合った案件を提案してくれます。 ここでしか応募できない「非公開求人」も多数あり、その豊富な情報量は一人で収集する場合の比ではありません。 細かい条件の交渉や面接スケジュールの調整などもすべてコンサルタントに任せますので、仕事との両立が可能です。 候補の施設を見学するまでは匿名で話を進めますので、現在のご勤務先に転職活動が知られることはありません。

−デメリット−

希望する条件で交渉をまとめることができるかは、担当するコンサルタントによる実力に大きく依存します。 コンサルタントの能力に疑問がある場合、入職後にミスマッチが起こる可能性があります。つまり、最初の転職支援サイト選びが、成否を大きく左右します。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.