外科求人ランキング

外科医のスポットの仕事の探し方

皆さんは日本の病院数が減ってきているのを知っているでしょうか? 実は最も病院数が多かったのは1990年でこのときは10,096施設ありました。 その後の病院数は減少傾向をたどり2008年の病院数は8,794でした。(医療施設(動態)調査・病院報告の概況)ピーク時と比べると約13%の減少です。 病床の規模別に見てみると99床以下の中小病院の割合は1990年に45.0%だったものが2008年には38.0%に減少しました。 149床以下のくくりで計算しても1990年に60.9%だったものが2008年には54.3%に減少しています。 これは病院の規模が大きくなっていることを表しています。 現在中小病院ほど経営が厳しいと言われていますので、今後さらにこの規模の病院数が減って、大規模病院が残る可能性が高いと指摘されています。

ところで日本の医療提供の体制はいびつな構造になっています。 それはOECD加盟国と比較すればよくわかります。 あるOECDのデータ(2007年、一部2002年及び2005年)によると、次のようなことがわかります。 100床当たりの医師数はイタリア103.9人、アメリカ73.3人に対して日本は14.3人。 同じく看護職員数はカナダ286.6人、アメリカ237.9人に対して日本は63.2人。 このように医師、看護師ともに日本は非常に少ないといえます。 逆に実行1000人当たりの病床数(2005年)はイギリス3.9、アメリカ3.2に対して日本は14.1と高くなっています。 さらに平均在院日数ではイギリス6.6、アメリカ5.6、カナダ7.3などに対して、日本は20.2ですし、人口一人当たりの外来診療回数はイギリス5.3、アメリカ3.8、カナダ6.0に対して日本は13.8です。
これらの数値から日本の病院は病床数は多いが医師や看護婦が足りないということ、さらに日本人は病院を利用する割合が非常に高いということがわかります。

外科医の求人は、高齢化社会の影響もあり、ますますニーズは高くなるといいます。 外科医のスポットの仕事も募集の需要も高いようです。まずはアルバイト求人支援システムに登録してみましょう。 『メディウェルの医師バイトドットコム』などは、登録(無料)すると、コンサルタントがあなたの希望に沿った求人情報案件を探してくれます。また、ワケあって公開できない4,000件の「非公開求人」を紹介してくれます。また、「スポット求人で月収80万円以上」や、「20万円を超える日当直」案件など高額な求人の紹介を受けることができますよ。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<



TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.