外科求人ランキング

外科医の勤務時間

外科医の勤務時間

外科医の志望者が減り、将来は大幅な外科医不足に陥ると予想されている今日ですが、その原因の一つは、外科学会のアンケートによると外科医の労働時間の長さであり、当直や兼業を除いた外科医の勤務は平均週59.5時間で、平均46.7歳の外科医は、日勤と当直で週平均68.7時間働いています。明らかに月80時間以上の時間外労働となり過労死の認定基準となっており、もしこれを超えて週80時間勤務すれば、時間外勤務は月160時間となり過労死の危険域に入るとのことです。 特に若い外科医は月100時間以上の残業をしている事が多く、当直回数は月2〜3回であすが、当直あけの手術は通常通り参加しているのが過半数です。 このような医師の過重労働は、医療の質を下げ医師の健康を蝕み、さらには、医療事故発生の危険も高くなることから、米国ではレジデントの過重労働の回避のため法律で、勤務が週80時間を超えないこと、連続24時間を超えないこと、週最低24時間の休日をとることなどが定められています(1989年ニューヨーク州)。ヨーロッパ連合(EU)の基準はさらに厳しく週48時間以内の勤務と決められています。 日本でもこのような勤務時間の水準を設ける取り組みがあるとよいですね。

また、研修医の勤務時間と賃金についていえば、その研修コース次第で週60時間から100時間病院に拘束されるため、時給にすると750円から1250円になります。また、研修の立場から、超過勤務に対する賃金は全く支払われないことが一般にまかり通っており、支払われる病院の方が少ないようです。また立場上上級医が帰宅するまで帰りにくい立場で、上級医以上に過労状態にある場合も多いようです。また週1〜2回宿当直を行って、実際は寝る間もほとんどなく救急患者を診療している場合も多く、宿当直として安い賃金しか支払われず、本来は夜勤であり明らかな賃金未払いが慣習化しています。 さらに夜勤後は休みにならないことがほとんどで、過労状態になっています。 現在は研修医は労働者として扱われ、勉強会などで病院に指示されて拘束された時間などは、超過勤務として賃金を支払うべきとの判断もされています。 しかし、現状では研修医は労働者という意識は上級医はおろか、研修医にもあまり浸透しておらず、ほとんど守られていないのが現状です。 また、2008年、広島の県立病院で研修医79人に対して計1億円以上の賃金不払いがあり、時間外や休日の診療を労働と扱っておらず、労働基準監督署から「労働時間管理が不適正」と是正を勧告されていた事実もあります。

65歳以上の国民人口は増えています。これに伴い、悪性腫瘍の1 か月当たりの手術件数も10年間で20% 増加しています。 また胃・大腸、乳房、肝・胆・膵の各悪性腫瘍についても増加傾向にあります。 手術件数は増加しているにもかかわらず、外科医総数も40 歳未満の外科医の数も減少しています。 特に若手外科医が減少しており、近い将来、手術の需要をまかないきれない事態が生じる可能性も否定できません。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.