外科求人ランキング

形成外科医の求人

形成外科専門医の募集は、現在、横ばいの状態が続いております。多くの総合病院では、既に常勤医師がおり、ポストは限られています。 しかし、開業する医師も増えてきており、急なニーズが出ることがあります。 総合病院の場合は手術スキルを求められることが多く、他科との連携や上司になる医師との相性などを見極める必要があります。

形成外科は、主に体の表面にある病気の治療を行います。下に書くような病気による、異常や変形を治したり、失った機能や体の一部を新たに作ることなどができます。
●外傷、外傷後変形(けが、やけどなど、またはけがや手術の傷跡、変形)
体の浅い部分のけが、傷などはすべて形成外科の治療分野です。たとえば、擦り傷、切り傷、やけど、しもやけ、顔の骨折、それに交通事故などにより皮膚がはがれてしまった場合なども治療します。 また、以前のけがの傷跡で、ケロイド状(傷跡が盛り上がった状態)になったもの、ひきつれをおこしているもの、顔の骨が折れて顔のゆがみを来しているものなども形成外科の治療分野です。 形成外科では、患者さんの見た目もできるだけよくしようと考えて治療をしていますから、手術の後の目立つ傷跡もできるだけ目立たなくすることが肝心と考えています。

● 腫瘍、腫瘍手術後変形(皮膚のできもの、またはその手術後の傷跡や変形)
主に体の表面の良性、悪性の腫瘍を、できるだけ機能や形態を損なわないように治療する分野です。 また、他の科の手術で失われた組織を治すこともします。例えば乳がんの手術後に乳房を作るなどです。

● 表在性先天異常(生まれつきの体の表面の形や色の異常、あざなど)
体の表面の形や色に関する生まれつきの異常は全て形成外科で行います。耳、口、鼻、まぶた、へそ、性器、手指などの多くの病気があります。赤あざ、青あざ、黒あざなど種々のあざの治療も行います。

では形成外科と整形外科の違いは何でしょう?

整形外科とは、人間が歩く、座るなどの日常運動をする上で支障となる病気、つまり骨、関節、筋肉などの病気を扱います。
形成外科は主に体の表面の機能や形態など、日常生活を快適に送るための支障となる病気を治療し、患者さんが社会復帰するのを助けたり、あるいは生活の質を向上させることが主な役割となります。

形成外科と美容整形は同じなのでしょうか?

日常生活を快適に送るために治療をするということは、形成外科と美容整形は同じなのでしょうか?
美容整形(正式には美容外科といいます)は、本来、形成外科の多くの治療範囲の中の一部分です。 美容外科とは普通の人をもっと美しくするということを目的としますが、形成外科では、けが、できものなどの手術などで機能、形態が以前よりも劣った人、あるいは生まれつき異常のある人をできるだけ正常にすることを目的とします。
つまり、形成外科の治療を正常の人に行ったのが美容外科ということができますね。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<



TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.