外科求人ランキング

口腔外科医の求人

口腔外科とは、口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。 この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。 この領域の異常は、食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的な障害も生じます。 治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができます。 そのお手伝いをするのが口腔外科の役割と言えますね。

口腔外科の求人について言えば、現在は厳しい状況下にあると言っても良いでしょう。 現在、全国には歯科医院が約6万8000件あると言われています。歯科医師が過剰で競争が激しくなっていると言われているにも関わらず、ここ数年の間でもわずかながら増加を見せています。医院の数が多い割りにはニーズは非常に低いと思われます。 また6万8000件という数字がどれぐらい多いかといいますと、コンビニの数の1.4倍。そう考えるとかなりの数であることがわかります。同じ通りに数件の歯科医院が並び立つような光景を思い浮かべて納得する人も多いのではないでしょうか。 これだけの数の歯科医院がすべて順調に経営されている、というわけではもちろんありません。 それどころが廃業・倒産がものすごく多いのが現状。わずかながら増加しているというのは次々と倒産する歯科医院の数よりも、新規開業の数のほうが上回っているという意味で、入れ替わりが異常に激しいという点が歯科医院の大きな特徴となっています。

また口腔外科医の転職を考えた場合このパターンが一番多いのではないでしょうか。一般的には転職活動の開始から就任までの期間が長く、平均的に3〜6ヶ月、場合により、1年以上かけて情報収集・面接に臨まれる先生方もいます。
慌てて転職先を探す必要が無く、じっくりと時間をかけてご自分の希望にマッチする施設を選ぶ訳です。幾つかの施設を並行して、面接されることは一般的な進め方と言えます。受け入れ側も勤務中の医師(特に大学病院勤務中)の場合、早急な退職・就任が困難であるのは理解しており、事前の相談の上採用決定後、就任まで数ヶ月は待ってもらえる例が多いようです。
この場合の注意点として「最低限の希望内容を明確に持つこと、その前提として勤務内容、勤務条件の相場を事前にある程度把握しておくこと」です。ただ時間をかければ良いという事ではなく、「相場」も把握しある程度の納得出来るラインも見い出しておかないとなかなか良い案件に巡り合えません。特に給与条件の相場については地域や施設規模とその内容によって大きく左右されます。

場の違いについて

医師の給与については一般的に都市部で低く、郊外に行けば行くほど高くなる傾向があります。 例えば同じ経験年数、内容のドクターであっても東京都23区内と埼玉県郊外では年収にして100万円以上の差が生じます。
当然ながらこれは医師の絶対数の違いが影響していると言えます。またそれ以外にも大学病院や公立病院よりも私立の民間病院の方が給与は高く、休日(研究日)などの勤務条件が恵まれている傾向があります。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<



TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.