外科求人ランキング

内視鏡外科医の求人

内視鏡外科医の求人動向について

規模の大きな病院ほど消化器外科として手術に専念できる環境は整っていますが、求人募集は横ばいです。 しかし、人間ドックの内視鏡検査などで腫瘍が発見され、外科的治療が必要になる患者は増えており、消化器内科のニーズは全体的には高まっています。とくに地域の中小病院では、外科的な技術とともに内視鏡など消化器内科分野のスキルも求められる傾向があります。 胃ろうや縫合処置のニーズがある療養型病院からの求人もあります。また、健診・人間ドック施設でも消化器外科医を求める声もあり、とくに下部内視鏡の対応可能な女性医師のニーズも出てきています。 厚生労働省の『必要医師数実態調査』によると、消化器外科の現員医師数3046.9人で、外科系では整形外科、脳神経外科に次いで医師数の多い診療科です。平均給与は、東京都、千葉県などの南関東地区が高い水準となっているようです。

内視鏡の歴史

内視鏡の歴史は、古代に遡ることができます。しかしながら、現代において見られる内視鏡の原型となった機器は、19世紀に登場します。 その後、胃鏡も作られ、1868年には、クスマウルが生きた人体の胃を初めて観察しました。これらは、硬性鏡で、剣を呑む芸をする胃鏡は大道芸人を対象としたものです。軟性胃鏡は1932年にシンドラーによって開発されました。 これは現在の軟性鏡と異なり、多くの鏡を用いた光学系を利用し、照明は先端部の豆電球でした。

色々な開発を経て現代に至り、超音波センサを取り付けた超音波内視鏡が登場したり、センシング技術の向上だけでなく、軟性管部の改良(口径の縮小、材質の改善)、内視鏡的処置を行うためのサブルーメン(チャネルと呼ぶ)の追加など、内視鏡を直接治療目的で応用するための改良も行われました。 また、画像精度・画質は映像機器の発達と共に大きく発展し、ハイビジョン撮影や、拡大内視鏡による拡大観察が可能となってきました。 そして内視鏡の細径化も進んでいき、経鼻内視鏡等も登場してきたのです。

2000年代になると、イスラエルのギブン・イメージングや、日本のオリンパスがカプセル型の内視鏡の開発を進めました。 2007年4月、日本においてもカプセル内視鏡を用いた画像診断システムが承認・実用化されました。

●硬性鏡
筒の両端にレンズがついたシンプルな構造のもの。膀胱鏡、胸腔鏡、腹腔鏡などがあります。

●軟性鏡(ファイバースコープ、電子内視鏡)
柔軟な素材を用いたもの。光ファイバーを用いたものと、CCDを用いたものとがあります。多くの内視鏡は光学系とは別の経路(チャネル)を持っており、局所の洗滌・気体や液体の注入・薬剤散布・吸引・専用デバイスによる処置などが可能です。 チャネル数・送気の有無については気管支鏡、上部消化管内視鏡、小腸内視鏡、大腸内視鏡によって異なります。 また手元の操作で先端の向きを上下左右に変えられるものが多い。気管支鏡は上下アングルのみで送気はできません。

●カプセル型
カプセル内視鏡と呼ばれ、デジタルカメラと光源、モーターを内蔵した小型カプセル型のもの。 患者が飲み込んだ内視鏡が消化器官を撮影し、画像を体外に送信して体外のモニターに映しだします。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<



TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.