外科求人ランキング

脳神経外科医の求人

現在、脳神経外科医のニーズは他の外科医と比べてとても高くなってきています。 特に臨床研修必修化以降は、若手医師による外科離れが非常に著しくなってきており、その中でも特に脳神経外科を専門とする人がとても減少してきています。 ですから、脳神経外科への求人や転職を考えている方には見つけやすい分野と言えると思います。

具体的にはどういった医療施設の求人があるのかといいますと、総合病院や脳神経外科専門病院では、専門医から後期研修医クラスまで求人が数多く寄せられています。また関連分野では、総合病院内のリハビリテーション部門や、リハビリ専門病院での募集が活発に行われています。また、人間ドック施設では、脳ドック部門や在宅医療の分野においても、求人が多数寄せられているのが現状ですね。

また、医療におけるニーズの変化は治療における進歩との関連性も高いと言えるでしょう。 それは最新の診断機器であるCT, MRI, PET, SPECT, MEG, 超音波などをはじめとした多くの診断機器の開発においては、単に脳・脊髄などの形態変化を捉えるだけではなく、脳機能や生理学的状態などの画像化、数値化をも可能にしたのです。 これによって中枢神経系の形態、生理学的状態、神経機能の状態などをより正確に把握することが可能となっています。

それから、治療する上で外科医としては最も重要な手術の進歩も、1970年ごろより顕微鏡下手術が普及したことによって、多くの手術が顕微鏡下で行われています。それに伴って手術法自体、手術器具、手術のための微小脳解剖、術中モニターなど多くの付随する機器の進歩や知見の集積によって脳神経外科的手術は飛躍的に安全、確実さを得たことになります。かつて治療不可能とされた病態が治療可能となり、「no man’s land」とされてきた脳幹疾患においても現在では手術治療可能例が少なくはないのです。

そして注目されている放射線治療法自体も年々進歩しているのですが、新たにガンマナイフをはじめとする定位放射線治療法、および血管内治療法が手術治療の相補的手段として定着しつつあります。また内視鏡手術は顕微鏡下手術では直視下に見ることのできない部位にとても有効とされていて、これらの治療法はより侵襲の少ない治療法を目指すという流れに合致するもので、更なる改良と発展が期待されています。

脳神経外科では、脳血管障害、脳腫瘍、脊椎・脊髄、頭部外傷、老化と痴呆、先天奇形、機能的疾患、炎症性疾患などが主な疾患対象となります。近い将来、技術革新がもたらす新しい概念に基づく治療手段の開発として、人工組織および人工器官などの概念および技術の導入が、近未来の治療方法に革命的な変化をもたらす可能性があります。 これらの新手法は他領域との連携を通して、自由な発想のもとに挑戦、開拓してゆける分野であり、若い脳神経外科医の活躍が期待される分野とも言えますね。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<



TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.