外科求人ランキング

心臓血管外科医の求人

心臓血管外科医の求人については、もっぱら若手医師の外科離れが進行している現状が根底にあります。 そのため、3年目?8年目クラスの医師のニーズが高まっている状況にあります。専門医から指導医クラスでは、ポスト自体が少なくなっている状態ですが、新規に循環器(心臓)センターを経ち上げるプロジェクトの極秘求人などがあるために、チームで異動するケースが大変増えてきているのが現状となっています。

人間が生きるためには心臓が休みなく、全身に血液を送り続ける必要があります。心臓から送り出された血液は全身に十分なエネルギーと酸素を運び、私たちのの元気と力のもと、いのちの元になります。つまり一番大切な臓器であると言えます。その大切な臓器である心臓の病気、いわゆる心臓病の中には時間的に待てない、急な治療を要するものがたくさんあります。 そして治療が間に合わないと命を落とすことが多々あります。ご存じのように心臓が止まって約4分で脳死になってしまいます。 いったん心臓が止まると、病院へ4分で行くのは通常不可能です。だからこそ怖いのです。しかし逆に、一歩はやく手を打ち、その危険な時期を乗り切って、もっと心臓が安定すれば、病気やアフターケアなどにもよりますが、長く生きられることにつながります。 つまり適切な判断と行動ができるかどうかで、人生を十分生きるか、生きないかの差が出るのも心臓病の特徴です。

心臓外科・心臓血管外科の名医であると評価されるのはやはり、手術がうまいというのが一番の要因と言えるでしょう。うまさの内容には早い、質が高い、生存率が高い、合併症が少ない等などのファクターがある。うまさを支えるものとして、臨床経験量、平素の勉強量や練習量、誰に師事するか、横の交流の多さ、常に反省熟考する、部下や仲間の意見をくみ上げる、何より患者の声や所見に注意するなどが挙げられます。それから周辺部の要因としては麻酔の導入時間が短い、手術中の管理がしっかりしている、なども含まれます。さらに言えば麻酔医を、あるいはお互いをうまく育てる腕前も備わるとよいでしょう。
もう一つの周辺部要因としては周術期管理がうまい、あるいはその教え方がうまい、なども挙げられます。真の意味での安全管理も重要要素です。また手術の生存率が高く合併症が少ないという要素の中には、あまり術前状態の悪い症例は手術しないなどの患者選択という要素も入ります。リスクの高い症例は手術しないという方針で行くなら、見かけの治療成績は格段に向上する、しかしそれが本当の治療成績を反映しているかどうか、疑わしいところです。そこでリスク解析が重要となります。

さらに日本血管外科学会の調査によると、胸部や腹部の大動脈瘤が手術の大半を占めており、次いで上腕動脈、下肢動脈などの抹消瘤が多いようです。また、年齢別に見てみると、50歳以上が圧倒的に多いのも特徴です。高齢化が著しく進んでいる現代において、心臓血管外科医の求人は今後もニーズが高まると言えるでしょう。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<



TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.