外科求人ランキング

消化器外科医の求人

急性期病院における消化器外科医の募集傾向は、現状は横ばいの状態です。役職者の募集については、ポストが若干欠けている傾向にあります。療養病院においては、胃ろうや縫合処置の対応ニーズが高まっており、消化器外科医の求人が増加しています。総合病院を辞めて、療養病院に就職するケースも多くなってきております。 クリニックや健診・人間ドック施設も増えてきております。 また、近年の傾向としては、女性で下部内視鏡の対応が可能な医師の募集ニーズが大きくなってきているのも特徴ですね。

「消化器外科」とは、「ひと」が生きていくのに必要なエネルギーを得るために食べた物を消化・吸収・排泄する「消化器」に病気がおきた場合、手術によってそれを治療する診療科です。 消化器は、食道、胃・十二指腸、小腸・大腸、肛門、肝臓、脾臓、胆道、膵臓という領域に分けられます。 一般には「外科」と表示している病院が多いのですが、近頃では「消化器外科」と表示する病院も増えてきていますね。 また、「食道胃外科」、「胃腸外科」、「肝胆膵外科」と表示している病院もあります。これらはすべて「消化器外科」の診療科です。
例えば腸が専門の場合は、大腸がん、痔、虫垂炎(盲腸)などの手術をします。胃腸が専門の場合、胃がんや大腸がんの手術をしたり、胃や腸の腹腔鏡下の手術を多く手がけています。肝臓、膵臓が専門の場合は、肝臓がん、膵臓がんの手術や肝臓の移植手術をします。
このようにおなかの救急疾患(すぐにでも処置が必要な生死にかかわる病気)の治療や、消化器のがん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなど)の診断をし、手術でなおし、抗がん剤の治療をしているのが消化器外科医の役割と言えます。

また近年は喫煙に対する体への悪影響が懸念されていて、禁煙を促す傾向になりつつありますね。 喫煙は、がんをはじめとして虚血性心疾患や慢性閉塞性肺疾患などの原因となるなど健康に悪影響を与えることは周知の事実です。
また、受動喫煙も健康被害をもたらすことは明白です。喫煙は「病気の原因の中で予防できる最大かつ単一のもの」(世界保健機関(WHO)憲章)であり、禁煙の徹底は国民の健康維持に最も直結している課題でもあります。 がんは言うまでもなく日本において死亡原因の第1位であり、年間死亡数は30万人を越えています。
日本消化器外科学会では、消化器がんの根治を最重点課題として取り組んできましたが、特に食道がん、胃がん、肝臓がん、膵がんなどの悪性度の高いがんと喫煙の因果関係が明らかにされていて、禁煙によるがん予防の重要性を特に警鐘したいと考えをもち、禁煙・受動喫煙防止活動の重要性を会員や社会に発信することを宣言しています。学会では、禁煙の推進及び受動喫煙防止の観点から、日本消化器外科学会総会会場、教育集会会場、市民公開講座会場、消化器外科専門医試験会場やその周辺フロアーにおける喫煙を全面的に禁止することにしています。治療に専念するだけではなく、患者の健康を願うことも医者の役目の一つなんですよね。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<



TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.