外科求人ランキング

小児外科医の求人

小児科医師不足が叫ばれている通り、小児科・小児外科医の求人は多く出ています。特に救急対応している総合病院が多く、国公立・民間問わず募集が出ています。 医療機関によっては、当直時間を労働時間とカウントしてシフトを組んだり、女性医師のワークシェアを推し進めるところもあります。 クリニックや中小の病院で外来中心業務を新規で開いたり、再開するところも増えてきています。

以下は日本小児科学会のある医師による医学生に向けてアドバイスをした引用文の一部です。
小児外科を続けてよかったと思います。何が良かったのかと問われれば,患者がこどもである事です。80歳のおじいさんの手術がうまくいっても、たかだかあと5年か10年の寿命です。こどもでは80年間の保証をするような手術をしなければなりません。 手術の緊張感から来る重圧と、うまくいった時の喜び、これらは外科医特有のものですが、ストレスの大きさと術後の心地よい感情は、成人外科とは比べるべくもありません。小児外科はこのような“嬉しいしんどさ”の学問です。
また、
小児外科のもうひとつの特徴は、首からお尻までなんでも手術することです。朝には気管の手術をして、午後は鎖肛の手術をするなど、今の時代には他には見られないユニークな分野です。そのかわり多くの知識と技術が求められます。 たえず勉強を続けなければならなりません。たとえば肺切除なんて一施設ではたかだか年間に数例しかないでしょう。 でも、成人の呼吸器外科医と同じように完璧な手術をしなければなりません。小児外科をすれば、この“勉強する喜び”が一生の間体験できます。

上記のアドバイスのように、成人では体の部位によって専門分野が分かれているのが当たり前ですが、小児外科医は全般の手術を行うという大変さもあり、色々な知識や勉強がが必要であり、それが喜びや宝になるということなのでしょうね。小児科の医師が足りないと言われる今の時代ですが、今後は小児医療に携わる若者が増えることを期待したいですね。

専門医になるには学会が認定した施設で研修する必要があります。その条件は
1. 日本の医師免許証をもっていること
2. 本学会が行う小児外科専門医筆記試験に合格していること
3. 通算7年以上の外科医としての経験を有すること(うち5年以上は外科臨床研修とする)
4. 申請者が筆頭著者である小児外科に関する研究論文が1編以上あること
5. 申請者が筆頭著者である小児外科に関する症例報告が1編以上あること
6. その他の小児外科に関する論文が3編以上あること(これらは申請者が筆頭著者である必要はありません)
7. 学会、研究会で、小児外科に関する発表を演者として3回以上行っていること(学会、研究会の適否は委員会が審査します)
8. 日本外科学会認定医あるいは外科専門医であること(認定証のコピーを提出)
9. 申請の時点で、3年以上連続して日本小児外科学会の会員であること
10. 研修指数が400以上に達していること
11. 研修月数が36ヶ月以上に達していること

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<



TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.