外科求人ランキング

女医の外科医

近年、医学部に進学する女性の数が増加し、医師になる方の3分の1が女性という時代となりました。 これに伴い、外科分野を選択する女性医師数も増加していますが、女性外科医の抱える問題点も多く、いまだに女性医師にとって働きやすい環境とはいえない状況です。

女性医師が専門としたい診療科

女性医師の割合が高いのは、産婦人科(68.1%)皮膚科(65.6%)、眼科(50.4%)等であり、女性医師の割合が低いのは、整形外科(8.0%)、泌尿器科(12.8%)、心臓血管外科(13.0%) 等です。

医師同士の結婚について

女性医師の割合は、近く35%を超え、4割に近づく時代がやってくると言われています。そして女性医師の絶対数が増えれば、医師同士の結婚が増えることは確実で、近い将来は医師同士婚が当たり前になるかもしれません。 では今、医師は結婚について、どのように考えているのでしょう。そして既に医師同士で結婚したカップルは、どのように仕事と家庭を両立させているのでしょうか。
ある医療情報誌では、医師が結婚についてどのように考えているかを探るため、「医師の結婚に関する意識調査」を実施しました。 有効回答数は408人(男性210人、女性198人)回答者のうち、既婚者は男性162人(77.1%)、女性128人(64.6%)で、未婚者は男性40人(19.0%)、女性60人(30.3%)。 現在離婚している人は男性8人(3.8%)、女性10人(5.1%)でした。
さらに既婚者のうち、医師と結婚している割合は、男性医師は22.9%であるのに対し、女性医師では67.9%に上っていました。 医師同士で結婚した人の回答を見てみると、「医師と結婚してよかった」と考えている医師は、男女ともに7割を占めていました。 その理由として、当直や急な呼び出しなど不規則な勤務時間を理解してもらえること、価値観が同じであることなどが挙がりました。 一方で、「医師と結婚したことをとても後悔している」と回答した人の割合は、女性が1%にとどまっていたのに対し、男性は12.8%。医師同士の結婚では、夫の不満の方が大きいことがうかがえますね。
この結果から、医師は多忙であり、女性に限らず出会いの場がなく、限られた範囲でしかお付き合いなど出来ないということでしょうか。
女性医師は婚期も遅れる傾向にあり、不規則な勤務時間を理解してもらえること、価値観が同じであるなどの理由から医師同士の結婚が7割にも及んでいるのでしょう。結婚して、子育てとなると医師という職業は大変です。ですから、多くの女性医師は途中で医師を辞めたり、休業することも多いのです。医師同士なら、時間のすれ違いも理解が出来、子育てに男性が関わることもできるという理由もあるようです。最近は24時間保育園も出来て、多くの医療関係者の人達が利用しているようです。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<



TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.