外科求人ランキング

外科医は激務?

激務に耐えきれず、退職する医師が急増していると言われています。 「年俸3500万円」「豪華な新築住宅を用意」「研究費を支給」高給取りと言われる医師ですが…。 医療崩壊が叫ばれる昨今、各地の医療機関があの手この手で医師を確保しようと必死の状態が続いています。 特に産科、小児科、麻酔科といった診療科目の現場は、医師不足で深刻な危機に直面しています。 例えば、厚労省の調査によれば、全国の産科医療機関のうち24都府県の77カ所で今年1月以降、お産を休止したり、お産取扱件数を制限したりすることを決めたといいます。 産科以外でも、国立がんセンター中央病院で、10人いた常勤麻酔医のうち5人が3月までに相次いで退職し、一日の手術件数が2割減る異常事態になったことが明らかになりました。 国立がんセンターはガン患者の“最後のよりどころ”ともいうべき病院です。そこの麻酔医が次々と辞めているというのは、日本の医療が危機的状況にあることを象徴しているとも言えるのです。

「外科医は手術がメインの仕事になりますが、最近は治療方法やその際のリスクなどを患者さんに事細かに説明しないといけません。 また、手術後のケアもあり、24時間365日、病院からの呼び出しにも対応しないといけない。しかも、研修医の教育やカルテなど各種書類の作成もしなくてはならない。当直勤務も断りにくい。つまり、ひとり何役もこなさないといけない。 また、手術ミスによって患者さんから訴えられるリスクがあるのも産科や麻酔科などと同様です。」 こうした過酷な状況に、外科医の間では「10年後には外科医がいなくなるのでは」という心配の声まで上がっているという。 そうなったら、急性虫垂炎(盲腸)で手術をしてもらおうにも、外科医がいなければ手遅れになり、腹膜炎を起こして重症化、最悪、死亡するという事態もありえなくはないのです。

外科医が敬遠される理由は、労働時間が長いこと、時間外勤務が多いこと、医療訴訟のリスクが高いこと、収入が低いことなどです。 アンケートによると科勤務医の勤務時間外は週平均で68.8時間、大学病院勤務医の2割が80時間を超えると答えました。 時間外手当ても満足に支給されない。医療訴訟の経験は10%に及び、患者や家族とのトラブルは38%が経験ありの状態です。 激務に加えてこれほど危険な外科医の道を、誰が好きこのんで選ぶのか、ということになるのでしょう。

また、激務に耐え切れず、医療業界の現場から去るケースも少なくはないようです。 再就職先として、シンクタンクや医学系出版社、製薬会社、化粧品会社、健康食品販売会社などがあります。 転職したのは若い研修医が多いこともあり、いずれも年収は医師時代より増えたようです。 転職した彼らのほぼ全員が『病院以外の職場がこんなに明るいとは知らなかった』と感想を漏らしていたということです。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.