外科求人ランキング

外科医になるためには

外科医の仕事は厳しいという一般的な考え方があり、そのため外科医になるのをためらう人も多いかと思います。 実際に若手医師の外科医離れが進行しているという現状があります。ですから外科医の求人には困らないともよく言われます。 外科医が内科医よりかならずしも長時間働いているわけではないようですが、外科医は手術という特別な医療を行い、また重症な術後の患者さんのめんどうをみなくてはならないためこのような厳しさが感じられるのかもしれませんね。

よくご存知のとおり、外科系はいまだに徒弟制度が生きています。職人と同じです。知識があっても技術がなくては治療ができないので、手取り足取り技術を教わっていく必要があります。だから一人立ちできるまでには内科医よりずっと時間がかかります。経済的な面や年をとってからの雑用(仕事のひとつではあるのですが・・・)が受け入れられるのかが外科医になれるのかの鍵になってくるのかもしれません。

外科医になるためには、研修や研究をしっかり受けることが必須なのではないでしょうか。医学部卒業後後4−5年目に帰局して研究オンリーの期間をもうけています。国際的な研究をめざしていますが、研修医にとってはしっかりした外科医になることが大事で、これが結局その後の研究に自信を与えると考えられます。そこで卒後4年までの研修医の研修内容を向上し、研修医の間の不公平をなくすため関連病院の担当者を集めて研修委員会をつくり、ここで研修医の手術経験をもとに研修医の再配置をはじめいろいろな検討を行っています。

研究に関しては教授を含めた研究プロジェクトチームにより活発に研究が進められています。成果があがれば是非外国留学にチャレンジしてください。 研究に向く人も、臨床に向く人もいます。研究、臨床の両方をするのが基本となっていますが、研究のみ、臨床のみするひともあってよいと思います。適材適所でそれぞれが自分の力を十分発揮できれよいのではないでしょうか。

大部分のインターン生は大いに悩んでいる時期だと思います。つまり、将来内科か外科かどちらへ行こうかと云うこと。 これは人生のパートナー、つまり配偶者を決める場合と似ているのではないでしょうか。 人生の重大問題だからと、極めて深刻に考えるのもよいし、成行き任せと云うのも一つの手かもしれませんね。 配偶者を選ぶ場合でもそうだと思いますが、やはり自分の好みが大きなウエイトを持つのは当然のことでしょうね。 ですから例えば「物を壊したり作ったりすることが好き」であったり、あるいは「人の気持、心とかに関係したことが好き」という自分の好みが第一条件になるのではないでしょうか。進路を迷った時には原点に戻って自分の気持ちを素直に見つめなおしてみてほしいと思いますね。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.