外科求人ランキング

外科医の不足

近年医師不足、勤務医不足、特に外科医の減少が非常に深刻な事態となっていることが公にされています。 外科医不足の問題は日本外科学会定期学術集会でも議論され、平成19年7月7日朝日新聞に意見広告も掲載されました。 そこには平成8年から平成16年に医師数が230,297人から256,668人(111.5%)増加したにもかかわらず、外科系の医師は28,245人から27,664人(97.9%)に減少したことが示されていました。

また25 〜 29歳の外科医師数は平成8年の3180人から平成16年2145人(−33%)に大きく減少しました。 なお外科医は全ての年齢層で減少しており、40 〜 49歳代の外科医が最も多い人数を占めていまし。 悪性疾患の手術数は増加していましが、今の20歳代の若い外科医がこの世代になった時、手術を執刀できる医師数が大幅に減少していることは容易に予測されます。 外科医の養成には10年以上必要で、直ちに有効な対策が行われ、外科を志す学生が急増したとしても、将来起こる外科医不足は避けられない状況です。

外科医不足の原因として挙げられる問題は、日本外科学会の行ったアンケート調査では、7割前後の外科医が、労働時間の長さ、時間外勤務の多さ、医療事故のリスクの高さ、訴訟のリスクの高さ、賃金が少ないなどの理由があります。 病院の外科医の勤務時間は平均68.8時間でOECD加盟しているイギリス、ドイツ、フランス等がほぼ50時間を下回っていることからみると明らかに長いです。さらに当直後も72%の外科医師が翌日も休まず手術に入っています。

また外科医として一人前になるまでの修練期間が他科より長い割に、外科医として一線で働ける期間は短く、一旦病院から離れると開腹手術などの本業ができなくなるケースがあります。このようなことが積み重なって外科医として働くモチベーションの低下につながり、本来外科医が救急、悪性疾患などの多彩な診療から得られる達成感、充実感、満足感を曇らせているのではないかと考えられています。

外科医師にも、労働基準法に沿った勤務ができる環境や、憲法で保証された健康で文化的な最低限度の生活を求める意見もあります。 救急外来を担当する当直は肉体的、精神的にも大きな負担で、翌日も勤務が続きます。せめてOECD に加盟している先進国に近づく努力をしなければ、いずれ外科医の海外流出が多くなる危険性もあるかもしれませんね。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.