外科求人ランキング

外科医と手術

手術は外科医にとって最もその能力が発揮されるところです。教授が処方しても、卒後一年目の医者が処方しても同じ効果しかない薬とは異なり、手術は術者個人個人により全く異なるものです。また手術は一つ積み重ねるごとに外科医の経験、工夫、努力によりその質が向上していくものです。これは薬を改良しようとすると、実験段階から、長い治験期間をへてやっと可能となるのと違い、次の手術からすぐ実行可能です。術者は手術が終わる度に、あそこのところは今度はこうしてやろう、あそこはこうすればよかった、と常に反省と工夫をしているものです。 自分の創意、工夫、勉強がすぐ次の手術に生かせるところが外科のよいところです。 逆に、長期的なビジョンを持ちにくく、短絡的、単純な人間をつくりやすい一面はあります。

癌が増えれば、外科医の仕事は増えます。 日本社会の高齢化傾向はこれからしばらく続きます。したがって癌の患者数はこれからしばらく増加します。 遺伝子治療など現代科学をもってしても、(セミノーマなど一部を除いて)癌を手術以外で治癒させることができるようになるには少なくともあと100年はかかるでしょう。とくに、最近の診断技術の向上は、手術の対象となる初期段階で見つかる癌を増やし、癌全体の増加とあいまって外科医の仕事はむしろこれから増えると考えられます。

手術は患者さんの体に傷をつけるものです。手術による障害はその責任が術者にあることが明らかですから、それだけ外科医は手術に対して厳しい態度で臨むのは当然です。また手術は高度な技術ですから、それだけ習得に経験と努力を必要とし、手術書を読むだけで良い手術ができるものではありません。この厳しさは高いレベルの外科医になるには必要なものです。 しかしそこで費やした努力は質の高い手術となって本人の持物となっていくのです。

米アイオワ州立大学(ISU:Iowa State University)心理学部のDouglas Gentile助教授は、同氏および他の5名の研究者から成る調査チームによって、TVゲームプレイと外科医の手術レベルなどの関連性を調べた最新レポート「The Impact of Video Games on Training Surgeons in the 21st Century」の発表を行ったそうです。 調査結果によれば、週3時間以上はTVゲームをプレイしていた時期があると回答した外科医は、今回の腹腔鏡手術件訓練プログラムの成績が、TVゲームの利用経験がない外科医と比較して、全体的に42%アップ。 手術中のミス項目数が37%少なく、手術速度が27%アップするなどの差が認められたということです。 さらに、現在のTVゲームプレイスコアが優秀だった上位3名の外科医は、他の30名の外科医よりも、訓練プログラムにおける手術ミス項目数が47%少なく、手術速度が39%アップしたとされています。
今後はこういったTVゲームのシミュレーションで手術の訓練を行うような時代になるのかもしれませんね。

外科求人ランキング!外科求人サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 株式会社メディウェル 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細

※当サイトでは医師転職サイトで有名なリクルートの医師転職が安定した人気です。
※1サイトではなく複数サイトを併用する方が幅広い情報を入手できます。

>>看護師で「外科関係で転職したい」方はこちら!<<

TOP

外科医求人の基礎知識

科目別の外科医求人

その他外科医関連情報


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 外科求人ランキング All Rights Reserved.